一番星館〜心の星さがそうよ〜

主に仕事、子育て、日々の出来事をマイペースに書いていきます。

親だから分かることってスゴく大事ですよね。

「親の力が試される、育児の疑問解決」

f:id:chakky-mama:20180624133827j:image

今日は、育児について書きたいと思います。

私自身まだ新米ママ(子1人生後10ヶ月)で、えらそうなことは

いえない身だけど、感じたことを書きます。

 

毎日育児をしていると…

 

・咳が続く…これは風邪?

・赤ちゃんの便秘の便秘は?解決法は?

・病院につれていく目安は?

 

などなど、疑問が次々と降ってきます。

赤ちゃんはお話できないですから、

親は察しよう、察しようと必死になります。

 

そこで、手軽なので、ネットで手当たり次第調べるものの…

 

もう、情報量が多すぎてね、

「何を信用したらええねん!?涙)」

という状態に、私は陥ってしまいました。

サイトが違えば言ってること全部真逆だったりして。

 

こういう事態って育児だけに限ったことではないと思いますが、最近強く感じること2点↓

①ひとつの情報のみを信ずるべからず

(あくまで参考)

②最後は親の判断力、決断力のみ

 

という2点。

 

「命」に関わる情報は、特に精査しながら受け取っていかないといけないと思います。

何かあったときに、

「あの人がいってたから」とか、

「インターネットに書いてたから」

って事では、言い訳できない。

育児って、誰にも押し付けるものではないと思いますから。

 

膨大な情報は、世界にたったひとりの

「うちの子」に当てはめ、親が目を光らせ、頭を働かせて処理していくことが必要ではないでしょうか。そのためには普段から、

子どもによく触れて、観察することが大切になると思います。そうやって経験値を積んで、親としてレベルアップしていくのかな?って思います。

 

余談ですが、私の小さなレベルアップは子どもの便秘中、「今うんちした!」のタイミングが分かるようになったこと。笑

泣き出しの一声が、癇癪とかとは違うっていう発見をしました。嘆きに似た声を出すんです。もう、つらそうな。

これも、あくまでも「うちの子」の場合です。

 

うーん、ネットネットって書いてるけど、

人からの情報も同じです。

自分の親がいってたからといって、絶対的なものではない。

自分の成功体験は、自分だけのものだから。

 

私もおばあちゃんになったら意識して気をつけようと思うわけです…。

周りの人たちに、自分の育児を全てにして語り、伝えないこと。

 

何事も、視野は広く〜ですね!

実践だあ〜!

 

 

親も負けじと前に、高く。

ふと、時間ができるとこう考えてしまう。

「これまで通りの生き方で

本当にいいのか」って。

悩む自体、答えは明白なんだけど…。

 

これまで、その日暮らしタイプで先のことを何にも深く考えていなかった私ですが、

「子どもの存在」が自分を大きく変えたんだと思います。

 

これまでは、「楽」が一番やと思って疑いませんでした。人に迷惑をかけなければオールオッケー。信念とかも正直ないし、争いも好まず。基本イエスマン、時々逃げる、みたいな感じで。

そんな自分、あんまり好きではなかったけど何も支障があるわけでもなし、特に何も考えてませんでした。

 

そんな私だったけど、結婚し、子どもができ、母になった。

子どもの成長を、間近で見てます。

それも毎日。

昨日は掴めなかったもの、押せなかったものが今日は出来るように。

「明日こそ、絶対!」といわんばかりに目線も、伸ばす手も、ぐんぐん上がっていく。

 

そんな姿を見てると、

すごく嬉しいのと、自分何してるんやろ…って思うようになっていきました。

 

子どもには、

「好奇心旺盛なれ」、「チャレンジ精神を持て」とか様々な理想を描くのに、

じゃあ親は?ってきっと子どもは言い返したくなると思う。

「お母さんはもうお仕事もしてるし、受験戦争も終わったし、部活動も頑張ったし、お友達もたくさんいるからもう精一杯やってきたの。これからはあなたが頑張る番よ。」

 

これじゃ、子供は納得いかんと思う。

悲しい事に、親の過去話なんて、

子どもからしたらどうでもいい話だもんね笑

 

独身時代までの自由な時間やお金は確かになくなってしまった。

けど、これからも子どもに全力で尽くしていきたいと思う。衣食住の確保だけじゃなくて、もっともっと大切ないろんなことを教えて、伝えていきたいなって思うようになった。

 

だからますます、年齢とか子育ての忙しさを理由に、自分の人生をないがしろにしたらだめなんだって思います。

 

「子は親の背中を見て育つ」

人生100年、まだまだ伸びしろはあるはず‼

がんばるその背中を、きっと子どもは見てる。親のチャレンジ、挑戦はきっと、子どもに大きなプレゼントになるんじゃないかなって私は信じます。

 

もう、やりたいことはたくさん!

さて、何から手をつけよう(^^)

お母さんまだまだだけど、頑張る。

見てろよ息子〜〜!


f:id:chakky-mama:20180621172517j:image

やる気ゼロ。の日

おはようございます。

 

昨日今日(まだ朝だけど…)

なんにもやる気がしな〜〜〜い!

 

「家事」もやりたくない

けど、ゴミとか落ちてるとアカンやんなきゃって思う(思うだけ)

 

「育児」もおやすみしたい

けど、それこそ無理。

 

 こんなときは、ご飯作るのも、食べるのも、だいすきな趣味すら大きな壁の向こうにあるような錯覚を覚えますw

 

元々、天気に左右されやすいところがある私。思えば、昨日も今日も、曇天。(晴れてぇええぇえええ!)

 

天気なんて、晴れの日もあれば雨も雪もひょうも降るし、こんなんで左右されてたらキリがないよね〜〜

365日毎日晴れるワケがないもんね。

 

って分かってはいるんですけど、

気分の切替って難しいなぁって毎回思うわけですよ。

 

これから外出の予定あり。

元気メーターが少しでもアップしそうな出会い、探しに行きます。

 

 

災害への備え、なかなか奥が深そうです

昨日、大阪で大きな地震がありました。

時間が経つにつれ、

死傷者もいらっしゃるという報道を、悲しくも、たくさん目にします。

まずは慎んで、亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、

これから大きな余震や二次災害がないことを願っています。

............ 

 

「災害は忘れた頃に、やってくる。」

とはよくいったもので、いつどこで起こるか本当にわからない。

普段から、頭の真ん中に置いておくべき言葉なのではと思います。(片隅じゃアカン)

 

先の東北大震災や、今回の地震、遡ればもっともっとあるけれど、今無事にこうやって

ブログを書いたり、平穏な生活ができているのは、すごく有難いことと思わないといけない。たまたま、助かっただけなんだと。

 

今は守るべき子どもの存在があるので、

生活の安全管理や、災害対策には敏感にはなってきてるけど、

もっとアンテナ高くしないとな、とこの地震を受けて思うようになっています。

 

早速、ひとりで自治体から交付された避難所の確認はしっかり行いました。

ひとり…

ひとり?!!!?!!

 

それじゃ駄目ですよね。

家族みんなで、じゃないと。

 

以前偶然見た、避難場所を家族で共有することの大切さについて伝えていた番組。確かEテレだったかな?

避難場所についてみんなで共有ができていなければ、悲しい事になったりする危険性がある、と。

例えば、家にはもう、誰もいなかったのに見に行って、その時家が倒壊して…みたいな感じに。

 

まあ、避難場所の確認、共有は、少しの時間でやろうと思えばできる。

本当に難しいことは、こういう非常時に

「家族を信用すること」なんだろうな、って思います。

 

家族の年齢、健康状態、スケジュールなどなど、普段からきっちり把握して、

どこにいるのか、逃げられる状況にあるのか…正しい状況判断を行えるかどうかが、

重要なのではと。

 

私は根っからの心配性だから、もうさっきから家族を信用!とか状況判断!とか偉そうにいってて、真っ先に自宅に見に行きそうな人間なんです。w

なので、自分への注意も含めて、この記事を書いてます。

 

非常食や携行品といった目に見える準備も大切だけど、

知識とか、家族間の気持ちの共有とか

そういう目に見えにくいものも、

普段から用意?しておくことが大切なのかもしれません。


f:id:chakky-mama:20180619144756j:image

育休あるある?仕事復帰への不安

タイトル通りですが…同士の方、いらっしゃいますか?(^^汗)

私がまさに、その状況です。

(脱しては、来てますが。)

 

だって、パソコンも長らく触ってないし、ボールペンで書く字は汚くなっていく一方だし、親や旦那からくらいにしか日常的な電話相手もいないわけで。電話の取り次ぎ、出来るかしら〜のレベル。

目にするニュースも、

「ふ〜〜ん。」くらいに留めてしまっていて、どこか遠い目。

なんというか、

「社会から取り残された感」を毎日感じるわけです。これがまた、さみしいのなんの。

 

でも、折角?のこの機会、復帰の不安感に苛まれながらずーーっと過ごすのは勿体ないな〜〜って思えるようにもなってきました。

 

大切なことは、

じっくり育児を経験して、自分の内面の成長にきっちり繋げていくこと。

そして、それを復帰後、ちゃんと仕事に活かすこと。

そうすれば、育休とって良かったなぁと、後から素直に思えるんじゃないかなぁって。

あくまでも、私の場合ですが;

 

 

「一日中家にいられるなんて、幸せね〜〜〜」って、遠回しに言われたこともあって、

少し傷ついたこともある。

だって本当は、ものすごく不安とか罪悪感でいっぱい。「権利だから!」って強く主張することも私はできないし、それはなんか違うと思うから(TT)

 

そしてどこからか、

自分で決めたことだろが〜しっかりしろ〜!って喝飛んできそうだし、うま〜く避けれる自信はないけど、

でも、それもその通り、なんですよね。

 

選択に後悔のないように、

毎日を過ごしていこう。

今日に、集中。

 

  

 

 

母になってからの嗜好の変化

今、物欲に毎日押し潰されそうになってます。

理由は、自分の服やインテリアに対する嗜好がこれまでとは変わってしまったため。

 

今まで履いていた膝丈あたりのスカートはもうノーセンキュー、

淡いピンクや花柄、フリル?ももうカワイすぎて…ほとんどもう「いらないー!」状態。

 

妊娠前はタバコをふかして、掃除は最低限、休みの日はすっぴん✕ジャージでぶらつく感じがデフォだった私…。

 

今はもうタバコは吸いたいとは全く思わないし(現在禁煙1年半)、ゴミとかもう落ちてたら、反射のごとく拾うように。

 

朝起きたら寝間着でいるのも辞めてみた。

適当な服でも、とりあえず外にでて恥ずかしくない服を着る!髪をまとめる!

こんな風に生活してたら、生活姿勢の背筋がピーーーン、と立っていきました。

 

ダラダラしてた頃はあれはあれで、心地よかったのだけど。

 

子育てをしてると、自分のペースじゃ行かないことばかり。もう嫌だ!眠い!寝たい!って思う瞬間、もちろんありますよ…でもそんな時…身だしなみを整えると気分がバシッと入れ替わる。

 

そして今、より質のいい、例えばリネンの部屋着だったり、緑やお花に囲まれた素敵なインテリアを目指したり、なーーんて、

物欲に返り討ちに遭っているんですけど。(笑)

 

世の中のママたちも、

みんなこうやって何か変わっていくのかな?

 

ラジオっていいよね。

ラジオ。

最近のお気に入りです。

テレビも音は流れるけど、どうしても

映像を見ないとなんだかんだ私には情報としてはいってこないんです。

 

そんな私にとって、最近の主な情報源は、

「ラジオ」。

音楽も流れてくるし、パーソナリティの方の声もやっぱりプロだけあって、耳優しい♪

育児しながら、家事しながらでも、

ちゃんと情報として耳に入ってくるのがいい。要は、集中しなくてもいいってのが最大のメリットなんですよね〜。

 

ただ、スマホで聞いてるのがちょっと、どうなんだろうとは思うけど…「radiko」っていう超有名なアプリで聞いてます。すごく便利。

 

が、しかし!

アナログな生活が好きな私。

ラジカセ、欲しいなあ。